肩こりの原因と解消方法

新宿,マッサージ

肩こりの原因

人間の頭部はどのくらいの重さだと思いますか?
実は体重のおよそ10%くらいに相当し、だいたい5~6キロほどの重さがあると言われています。米袋やダンベルなどを持ったことがあれば想像できるかと思いますが、手で持つと結構な重さです。
また、意識したことはないかもしれませんが、人の腕は片腕だけでも3~4キロはあると言われており、人はその重たい頭部や腕を、首や肩で常に支えながら生きています。
首や肩の筋肉量が少ない方が肩こりになりやすいと言われており、日本でも男性より女性の方が肩こりを感じる人が多くいます。

それ以外にも、運動不足や長時間同じ姿勢でいること、ストレスからくる血行不良や目の疲れなど肩こりが起こる原因は様々あり、それに応じて予防方法や対処方法が違ってきます。

肩こりの解消方法

①運動不足・同じ姿勢

運動不足や長時間同じ姿勢でいることで、肩や首の血流が滞って肩こりに発展してしまうことがあります。運動をすることで代謝が良くなったり血流が改善すれば肩こりを解消することもできるかもしれませんが、もともと運動をする習慣がなかったり、運動をする時間がとれなかったりするとなかなか難しいですよね。そんな方はお店でマッサージを受けるのがオススメです。外からの刺激で血流を改善することができますし、自分は基本的に寝ていればいいだけなので、運動が苦手な方も気軽に受けることができます。
マッサージを受けることで思わぬところが凝っていることが判明したりもするので、一度相談してみてはいかがでしょうか。

②ストレス

ストレスは万病のもととも言われますが、肩こりに関しても例外ではありません。ストレス(=緊張状態)が続くと知らず知らずのうちに体全体に力が入ってしまい、それが続くことで肩や首の疲れ、コリに繋がってしまうのです。
ストレスの原因は人それぞれに違うので簡単にはいかないかもしれませんが、ストレスの原因を突き止めて、それを解消していくようにしましょう。ストレスと同時に辛い肩こりも解消していくかもしれません。

③眼精疲労

スマホやパソコンの使い過ぎによる眼精疲労から肩こりになってしまうこともあります。そういう場合はしっかりと目を休めてあげることが大切です。ホットタオルやアイマスクで目元を温めることで血流を改善したり、寝る直前にはスマホやパソコンをオフにしてしっかりと質の良い睡眠をとることで、目の疲れをケアするようにしましょう。
また目に良いと言われているブルーベリーやルテインなどの成分が配合されたサプリメントなどを摂取するのもオススメです。視界がクリアになることで、目の疲れからくる肩のコリや痛みも改善することができるかもしれません。